一次面接は最高の笑顔で

企業との面接は複数回行われる事が多いですが、一次面接では基本的な事ではありますが、笑顔やマナーを重視した態度で挑む事をお勧めします。企業の採用担当者が多数の応募者と接して来ていますので、表情やマナーには非常に厳しい目を持っていると考えましょう。

企業と最初に出会うステップである一次面接では、企業とのファーストコンタクトであり、第一印象を与える事が出来るチャンスでもあります。第一印象で良い印象を与える事が出来れば、採用担当者の見る目も変わって来ます。緊張し過ぎていない笑顔や、挨拶、座っている際のマナーや座る席等多くの自信の態度が見られていると思います。例えば履歴書を渡す際も、両手で渡すのか片手で渡すのか、封筒に入ったままで渡すのか等方法は様々ですが、相手にとって失礼のない様な渡し方をする事が基本です。面接時の話し方でも、語尾が長いや敬語が使えない等話しの内容ではなく部分で判断されてしまう事は非常にもったいないと思い、マナーのある社会人として接する様にしましょう。